可能性はゼロじゃない|アナタにも鬱病のカゲが見え隠れ

鬱

現代病となる症状

先生

鬱病の治療では工夫次第で男女に異なるメリットが得られるため、把握しておくことが大切です。近年、精神科・心療内科などの専門病院へ足を運ぶ男女は急増しているものの、鬱の症状の多くはストレスであり、スペシャリストとなるのがカウンセラーです。ドクターは治療方針を提案する役割を担うため、肉体的治療に特化した内容で受診する工夫で早期に症状を改善させられます。近年、鬱病と診断される年代として中高年が挙げられており、責任の重さが加わる昇進やハードなスケジュールによる過労などによる鬱病が男性に多く、逆に女性には更年期などの女性ホルモンのバランスの乱れや子供の成長や独立による孤独感などから鬱の症状を重症化してしまう傾向にあります。症状は薬物療法によって改善させるだけでは再発しやすいリスクがあるため、一番には鬱状態を理解できる話し相手となるパートナー探しが必要となります。近年、家族によるケアが注目されているものの、心身的負担が掛かることもあり、知識とコミュニケーション能力の高いカウンセラーの存在が注目されています。アドバイザーとして、同性となるカウンセラーが相手となることで周りに心を開けないストレスをぶつけることができ、医学では解明できない鬱の緩和や完治へと結びつけることが可能となります。

精神・心療などの医療機関で鬱病と診断される患者数は年々急増しています。また、一口に鬱症状と言ってもその種類も実に様々であり、診断も未だに曖昧な部分が挙げられているのも特徴の病気です。例えば、頭痛や動悸、微熱などの身体の異常が強く表れるのが仮面タイプの鬱病で、休養しても改善されないのも特徴となり、不安から来る焦りを取り除くことで身体の症状を改善できます。また、若い女性に多いのが微笑みタイプの鬱であり、外で笑顔を振り撒きながらも1人になると塞ぎ込み、やる気がおきない症状が特徴的です。周囲には知られる機会が少ないため、うっかりミスなどの鬱症状が現れるまで気付かれず、慢性化しやすい種類となります。また年代や性別問わずに多いのが季節タイプであり、1人1人特定の季節に症状が悪化するのですが、一般的には冬と春の時期に鬱状態が悪化しやすい種類となります。気分の落ち込みが鬱の判断材料となりやすいものの、食べ物が偏りがちとなったり、明るい性格が暗くなる、さらに行動や言動に違和感が生じるなど、周りから見ても分かりにくいほどの些細なサインが出て、蓄積されることで段々と重症化しやすいのが鬱の特徴となります。ただのストレス、頭痛や思考力の低下と誤認識する前に内科をはじめ、医療機関に足を運ぶことが症状を慢性化させないための重要視したい点となり、子供の鬱も増えています。