可能性はゼロじゃない|アナタにも鬱病のカゲが見え隠れ

鬱

心の病は早めの対処を

悩み

鬱病は今や知名度が高い代表的な精神疾患の一つで、しばしば「心の風邪」と表現されることがあります。しかし鬱病は自然に治癒するものではなく、専門的な治療を必要とします。鬱病には前兆があり、憂うつな気分や得体の知れない不安感といった精神的・心理的な面だけでなく、胃痛や腹痛、下痢や腰痛、強い肩こりや身体のだるさなど身体的な面の症状が出ることもあります。「いつもと違う」と感じたときにはできるだけ早く医療機関を受診することが大事です。なお、インターネットで「鬱病チェック」といったものもあり、そのようなものを利用して鬱病の傾向があるかどうかを自分で調べておくことも有用でしょう。また、鬱病は自覚がなくても周囲が気づくこともできます。その人の性格や特性などをよく知っている人から見て「いつもと違う」、「元気や覇気がない」と感じるようなことが続くようであれば、心身の調子がどうかを聞いてみるなどすることが早期発見・早期治療につながります。放置すると重度化しやすく、また重度化したら治療も長期化します。自他ともにできるだけ早くに自覚・発見して、できるだけ早く治療を開始することが重要です。なお、専門的な治療は精神科または心療内科となりますが、内科などのかかりつけ医においても相談して専門の診療科を紹介してもらうこともできる場合があります。

鬱病の治療では主に薬物療法が用いられます。そのほか、精神療法・心理療法が用いられる場合があります。薬物療法は抗うつ剤や抗不安剤などといったものが用いられ、鬱病の症状そのものを直接的に抑えようとするものです。また、不眠や痛みなどといった症状が出ている場合は睡眠導入剤や痛み止めなどが処方される場合もあります。しばしば、副作用の心配がされますが、体質に合ったものを処方してもらえるように医師としっかり相談することで効果が期待されます。精神療法・心理療法は、例えばカウンセリングなどで「会話」を通して自分の性格や特性などを改めて客観的に知る機会を得ようとするものです。カウンセリングは昨今、特に注目を集めていて鬱病の診断がなくても利用する人もいます。カウンセリングでは基本的にカウンセラーが「傾聴」を行い、「共感的理解」を通じて会話の内容を分析し、本人では気づけないような側面を導きだします。薬物療法、精神療法・心理療法以外にも作業療法や鍼灸治療、運動療法なども鬱病の治療において有用な場合もあります。鬱病は人それぞれ症状も異なり、また治療法もそれぞれに合ったものが選択される必要があるため多様な治療法が注目を集めています。